みんなちがってみんないい

ジャニーズJr.増田良くんのことを話してます。 

尊敬する、ということ

 

ージャニーズJr.で同期の高田翔くんは、昔からやりたかった演技をやってるからすごい。尊敬してます。(シャニー)

 

 つい最近、某誌*1で高田翔くんが「Jr.や先輩の中で誰のバイロケ*2でうまくやれそうなのは誰?」という質問に「増田良かな~」と答えていてびっくりした。その矢先、シャニーさんご本人からその高田くんについて”尊敬してる”との言葉がでてきて。今は仕事をする現場の離れてしまった彼らが、なぜ今も尚こうして現場が被る訳でもないのに(カウコン被ったけど)互いの名前を出すのか。増田くんにとって高田くんは入所に数か月の差はあれど、2007年初めてHay!Say!JUMPのコンサートバックについた同期でもあると思う。ここで、14歳だった増田くんは緊張した趣の同い年くらいの男の子に「がんばりましょうね!」と声をかけてあげました。本人がその時何を思って、その男の子に声をかけたのかその真相はわからない。だけど、声をかけられた男の子は、そのことを1年経っても2年経っても覚えてくれていた。*3自分だけでなく、声を掛けてくれた増田くんも本当は緊張していた事をその男の子はしっかりとわかってくれていて、3年経ってもそのことを忘れないでいてくれた。*4高田くんは、増田くんを「優しい」と言ってくれます。いじられキャラだけど(笑)優しいよね、と。だけど、そんないじられキャラの増田くんが羨ましいとも。増田くんが面白い事を言おうと頑張ると誰よりも笑ってくれて、増田くんが前に出て喋っている姿を見て「(見えないところで)ずっと悩んでいたのを知っているから、喋れるようになって嬉しい」と親かよ(笑)と突っ込まざるえない言葉を出してくれるのも高田くんだ。*5高田くんはいつもニコニコしている増田くんが本当は誰よりも負けず嫌いで、悔しがり屋で人一倍努力家だという事も、失敗すると悔しくて後ろで泣いていた事も知ってくれていた。*6お手紙を読んだ後、まるで年下の男の子にでも話すかのように「まっすーも強くなったよね?」と尋ねる高田くんに対して、自信がなさそうに「…た、たぶん」と答える増田くんはきっと今高田くんに同じことを聞かれたら自信を持って「強くなれたよ」と頷けるのではないかと思う。

 

私が2012年のJr.サマリーで見た増田くんと高田くんは友達や、仲間というよりはやっぱりどこか”同志”や”兄弟”のような関係に思えた。増田くんがMCで話す順番になった時や、サイドステージから真ん中へと移動する時、高田くんが次はお前の出番だよ、と背中を押して気にしてくれていた事があったけど、その相手は高田くんの身長なんてもうとっくに越してしまっていた。ギターを弾く増田くんの隣でどこか誇らしげにそんな彼の弾き鳴らす音を口ずさむ高田くんは増田くんにとって、”戦友”であったのか、”仲間”だったのか、はたまた”友達”であったのか。彼らが約6年間同じ場所で過ごしてきた事に何の意味があったのか。それを表すものがきっと、この増田くんの「同期で同い年の高田翔を尊敬している」という言葉にあるのではないかと私は思う。どうか、増田くんと高田くんの先の未来がきらきら輝く素敵な道であることを願います。

 

*1:多分2014年2月号?だかのWink up

*2:本人と性格が正反対のドッペルゲンガーのようなものらしいです。

*3:大川増田高田の対談で話してる

*4:岸増田高田で雑誌に載った時に言ってた

*5:2010えびクリエにて。

*6:2010年5月の少年倶楽部で増田くんと高田くんの「あなたにお手紙かきましょう」で言ってる