みんなちがってみんないい

ジャニーズJr.増田良くんのことを話してます。 

供給が多い

5月のクリエから、6月のガムシャラ、地上波・CS放送でのテレビ放送、8月のSexy夏祭りと春から夏にかけて増田くんに関しての現場とかコンサートとか沢山機会があって、楽しかったけれど、思うことも沢山あった。大きく思った事をみっつだけ。

 

 

  • チームに所属する増田くん

増田くんがこの春所属していた、”チーム”は”SexyChamp”だった。そしてこの夏、増田くんが在していたのは”チーム我”である。前者は8人、後者は5人。いずれもメンバーは多少なりと違うけど、どちらのチームにもジェシーちゃんがいて、いつも大体現場が一緒の半澤もいて、Champには年齢的にも先輩にあたる真田くん、我には深澤くんと岩本くんがいた。Champで言えば、カウアン・美勇人・アンダーソン・沙瑠芙は歴的に先輩の子達もいるけど、基本的に増田くんより皆年下で。我で言うと、多分ジェシーちゃん(もしかしたら半澤も)がそこの位置にあたるんだと思う。つまり、今の増田くんは大体どこに行っても上(先輩)がいて、下(後輩・年下)がいる。どっちの増田くんも簡単に言えば、”中間管理職”のようなポジションだったと思う。去年のA.B.C-Zのツアーの6人*1は孝のが先輩だけど、それ以外だと大体歴的にも年齢的にも増田くんが上でチームをまとめているのは、私が見た限り増田くんだったと思う。(立ち位置確認したり、指示出したり)舞台班と呼ばれる子達以外にユニットが殆ど存在しないJr.戦国時代の現在において、こういう機会は貴重とされるのかもしれない(短期間だったとしても)けれど、増田くんだってかつては”京本ライン”と呼ばれる場所に籍を置いていたその1人だ。ガムシャラや少年倶楽部では、何度かシェシーや京本くんと3人で組んで歌ったり、何も複数人がいる場所に位置する事は今回の事が初めてという訳ではないけれど、きょもジェシといる時は”2人のおにいちゃん”でいる事をすすんで買っているような態度さえするし(元々世話好きなのかもしれないけど)、でもChampでは先輩の真田くんがいることで少しだけ羽を伸ばして自由に動いて発言したりしていた点もあったと思う。ただ勿論年下の子達がいる手前、羽目を外しすぎるという事はなかった気がしたけれど(笑)チーム我でもそれは多少なりと同じで(夏祭りでもいじられ役に回ったり、自らすすんで前に出つつも下の子達と絡んだりしてた)年上の深澤がいた事は大きかったと思うし、歴は大きく違えど、同い年の岩本から学ぶ事は何かしらあったと思う。普段から”チーム”として活動する2人がチームでいる為に教えてくれた事もあったと思う。だけど、その2人だけじゃなく、いつも一緒の半澤や年下だけど、誰よりも頼りがいのあるジェシーに励まして貰ったり、そんな2人を逆に支えてあげたりもしたと思う。(ガムシャラの放送を見る限り)

増田くんの良いところのひとつは、多分真面目なところで、でもそれはたまに本人を窮屈にさせる事もあるのかもしれない。だけどここ最近の増田くんを見ていると、増田くんなりに”自由に真面目に頑張る”方法を本人が見つけられているような気がして、見ていて、とても楽しい。SexyChampのメンバーや我のメンバーだけじゃなく、この春から夏にかけて、そしてまた巡る季節を増田くんと一緒に過ごしてくれる子達に御礼を言って回りたい。どんな立ち位置にいたとしても、増田くんが自分の周りの人を笑顔にできるような人になれるといいなあ。

 

  • 滝ちゃんねるの増田くん

滝ちゃんねるのJr.名鑑の動画で、増田くんが歌も踊りも芝居もしゃべりも全部頑張ります、と宣言していた。全部ってすごい欲張りだなぁ、と思ったけど(笑)すべてを頑張ると発言してくれた事が本当に本当に嬉しかった。ああいう場所でちゃんと言葉にしたからには、全力で挑んで欲しいなと思います。

 

  • 同担が増えた

これに限る。で?(笑)って話かもしれないけれど、増田良で検索すると前より興味を持ってくれている人が沢山増えたと思う。(露出があるからだと思うけど)私の願いは、「増田くんがミュージカルに出ること、舞台に立つ事、歌声が多くの人に聞いて貰える事、多くの人に愛される事・・・(まだある)」なので、もっと沢山の人に興味を持って貰って、できればファンに!なって頂きたいものである。(笑)増田くんのおかげで、ここ最近Twitterの方でも同じような増田くんのファンの方達と交流する機会もずっと増えた。増田くんのおかげで仲良くなった人たちもずっと増えたし、そういう人達に出会わせて貰えた事が何よりも今増田くんに一番御礼として伝えたい事かもしれない。

 

*1:増田・半澤・アンダーソン・しずや・こばみず・寺西