みんなちがってみんないい

ジャニーズJr.増田良くんのことを話してます。 

"祈り"から見るシャニー(増田良)と安井謙太郎の関係性

これだけはどうしても書きたかったので書けるうちに。というか、多分書いてしまおうという気力がなくてはこうして長く綴るには及ばない気がするのでさっさと書きます。

 

 

正直言って、元京本ライン*1として一緒にやって、シャニーさんが受験期で休んでからも暫くキスマイミントツアー、えびサマリーと仕事は一緒だったけど、その後謎選抜とやらになりBBJに抜擢された安井くんとそのまま新春セクゾ、えびツアーについてたシャニーさんはもうだいぶ垣根の違う人になったという認識でいたので(キスマイ一緒だったけどシンメじゃないし)「この人達で一緒に何か一曲って大丈夫なの…?」という不安が放送を見るまでは結構ありました。と、言うのも個人的にシャニーさんと安井くんは仲は悪くないけど、そんなに相性は良くないのはないかなあという印象が強くて。強いて言うならば、水と油のような。個々では輝いていると綺麗だけど、合体するとお互いの良さを消してしまう。そんなイメージでした。でした。(過去形)

でも、実際は違いました。”自己演出”が得意な安井くん綺麗な歌声が売りのシャニーくん。私が遥か昔に見たキスマイ(本家)の祈りは藤ヶ谷くんの”自己演出”(もちろん歌もあるんだろうけど)と北山くんと千賀くんの歌唱力が主となっているイメージでした。つまり何が言いたいかっていうと、キスマイが7人で作り上げていたあの祈りを安井くんと増田くんはある意味2人で分担したんだなあと。今回2人の祈りを見て感動したのは、その互いの”役割”をお互いがお互いにわかっているという事でした。まあもう2人もJr.として活動して長いですし、当たり前の事なのかもしれないけど、”歌で聞かせる”か、”雰囲気で魅せる”か。正直この安井くんとシャニーくんが2人、それをどっちもやったら2人のキャラクター的に濃過ぎると思う。悪く言うと、くど過ぎる。祈りが祈りではなくなってしまうと思うんですよね。そういう意味でも(?)キスマイのバックについて何度か祈りを披露している姿を実際に見聞きしていた2人だからこそ、いい意味で淡泊且つ入り込み過ぎないあくまでも忠実な”祈り”ができたのかなあと思いました。シャニーさんのファンとしてのわたしの贔屓目もきっとあるだろうけど。

あと、一番感動したのは「この心で祈り続けた」のフリが一秒も狂わずにピタリと揃っていた事wwwwww…と、これには草を生やさずにはいられない程驚きました。結構シャニーさんはシンメの相手によってテンポが合ったり合わなかったりする人もいるので*2まさかそんなに長くシンメを努めていた訳でもない(寧ろいつシンメだった?)安井くんとここまで完璧にフリを合わせられるとは、と本当に驚きました。と、言うのも多分1月はシャニーさんは大学とトニト二、安井くんはドラマの収録と舞台のリハで恐らくそんなに合わせる時間もなかっただろうにここまで揃えてくるのは凄いなと思うのと同時に(同じ風磨会*3のメンバーでありながらプライベートもそんなに関わりないだろうし)この息の合い方はどこからくるんだよと突っ込みたいのが山々ですが、もしかしてこの2人は仕事仲間としてはかなりお互いにとって良好な関係なのかもしれないと思いました。まあえびサマリーでも色々指示だしてた2人だしね。でもコンビ萌えは絶対生まれない2人だと思います。なぜなら、お互いに相手に対して興味がさほどないから。*4プライベートの交流はないけど、組ませたら仕事は捗る仲間=シャニ安。それがわたしの今回の祈りを見た感想です。

*1:2010〜2011年辺りに主に京本大我くんセンターで動いてたメンバー。きょも、安井、孝良、のえる、アンダーソン、ひろき、高田、増田シャニー、あと辞めちゃったけど石川たくぴ

*2:あかつきとたかしは合わない時が多い

*3:SexyZoneの菊池風磨が主催する会合。ただの菊池さんの身内の集まり

*4:ガムシャラのMCでの安井くんのシャニーさんへの扱いが諸星くん以上に雑で泣けます。多分諸のが愛されてる…。かといって、シャニーさんもそこまで安井くんに雑に扱われても飄々としている辺り、多分そんなに興味ない(笑)